2016年07月27日

森内名人が勝利、防衛に王手 将棋名人戦第

京都市東山区のウェスティン都ホテル京都で1日朝から指し継がれていた第70期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の第5局は同日午後8時37分、森内俊之名人(41)が115手で勝った. 名人の通算成績は3勝2敗で、2期連続7期目の名人位まであと1勝とした. 残り時間は名人が20分、挑戦者の羽生善治二冠(41)が12分. 第6局は12、13日、北九州市で. ベースキャンプに無事下山 14座制覇の竹 今期初の「横歩取(よこふど)り」の戦型となった本局. 3筋方面で攻撃態勢を築こうとする名人に対し、挑戦者は慎重に受けながら反攻を狙った. コービー7 激しい戦いになりがちな「横歩取り」では異例のじっくりとした攻防が午後も続いたが、82手目△3六歩が決断の一手. 一転して両者が猛烈に攻め合う展開となった. 挑戦者は84手目△3七銀から飛車を入手し、反撃したが、名人は決断よく踏み込み、挑戦者の玉を寄せきった.
posted by KawakamiYuuko at 08:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: