2016年10月31日

銃乱射で被害 ギフォーズ議員、辞任へ リ

昨年1月の米西部アリゾナ州での銃乱射事件で一時重体となった民主党のガブリエル・ギフォーズ下院議員(41)が22日、リハビリなどに専念するため今週で議員職を辞任する、と発表した. 事務所によると、地元での被害者や遺族を交えた対話は続けるという. ギフォーズ氏は動画投稿サイト「ユーチューブ」や交流サイト「フェイスブック」に約2分間の動画を掲載. ゆっくりながらはっきりとした声で「あの恐ろしい日の多くを覚えていないが、あなたたちがくれた信任は決して忘れない」と感謝を表した. 「治療のためにやることがまだある」としつつも「私はよくなってきているし、毎日元気にしている. また戻ってアリゾナや国のため働く」と語った. conssenlega 2006年に初当選したギフォーズ氏は、頭に被弾しつつも奇跡的な回復を遂げ、昨年6月に退院. 16 会話や歩行などのリハビリを続け、8月には事件後初めて米下院本会議に出席し、債務上限を引き上げる法案に賛成票を投じた. (ロサンゼルス=藤えりか).
posted by KawakamiYuuko at 04:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: